【メモリアル】米倉小学校 サラナパラ【開校式】

2017年11月エルセラーン1%クラブとNPO法人アジア教育友好協会との共同事業にて、スリランカに学校ができました。
スリランカ南部の村サラナパラに完成した学校は、福井県のボランティアキャプテン 米倉直美さんのお名前をとり「米倉小学校」として開校。
これをもって、1%クラブの学校建設は10ヶ国となりました。




南部の大都市コロンボから車で約2.5時間。
学校に到着するとたくさんのダンサーに囲まれる米倉さん。



きらびやかな衣装の男性たちの間を通ります。





村の女性からは歓迎のお花。



エスコート役の生徒は特別な衣装です。







テントの下で開校式が始まります。



この日米倉さんはご夫妻で開校式に参加。
主賓席で1%クラブ糸谷代表と。







オイルランプの点灯式で開会します。
前途を明るく照らす、という意味が込められています。







行政区代表からの感謝状。









米倉さんと糸谷代表からもごあいさつします。









生徒代表からの感謝のスピーチです。









学校からは大きな贈り物をいただきました。
アジア教育友好協会 谷川理事長(写真左)とともに。







米倉さんから生徒たちへ学用品のプレゼント。







歓迎のダンスに





エルセラーン一行も歌でお礼。



盛り上がりを聞きつけたように、校舎の上に2羽の野生の孔雀が。







折り紙や縄跳びで交流します。





















米倉小学校 スリランカ サラナパラ


トップへ